番外編

カレーにお砂糖を
入れると
おいしさアップ!?

お砂糖の知られざるチカラ

おいしさの秘密は「メイラード反応」

さまざまなお料理の隠し味として、大活躍のお砂糖。尺八奏者・辻本好美さんが動画でご紹介しているように、特におすすめなのが「カレー」です。

分量は、カレールウ1箱に対して大さじ1〜2杯くらいが目安。まだ肉が焼けていないくらいのタイミングで入れるのがベストです。お砂糖を入れることで、お砂糖とアミノ酸が結合して「メイラード反応」が起こり、カラメル化します。そして、味と香り、食材の旨味と水分が閉じ込められ、おいしいコクが生まれるのです。下記のレシピを参考に、ぜひおいしいカレーづくりにチャレンジしてください!

シュガーチャージ スペシャルレシピ飴色玉ねぎのコク旨ビーフカレー

玉ねぎは根気強くじっくり炒めてください。きつね色よりも濃い、飴色まで炒めると驚くほどコクが出ます。

■調理時間:30分

■材料(4人分)

  • 牛肉(カレー、シチュー用)200g
  • にんじん1本
  • じゃがいも中2個
  • 玉ねぎ1個
  • カレールウ1/2箱
  • お砂糖大さじ1
  • オリーブオイル大さじ1
  • 塩こしょう適量

■作り方

  1. 玉ねぎは薄切り、にんじんは乱切り、じゃがいもはひと口大に切る。牛肉はひと口大に切り、塩こしょうをふる。
  2. 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎを飴色になるまで中弱火でじっくり炒める。中火にして牛肉と砂糖を加えてさっと炒め、じゃがいも、にんじんを加えて2〜3分炒める。
  3. カレールウのパッケージの表示どおりの水を加え、蓋をして中火で15分煮る。混ぜながらルウを溶かし、さらに5分煮る。

レシピ提供:料理研究家「もりもと夫婦」さん