番外編

お花にもシュガーチャージ!?
切り花を長持ちさせる裏ワザ。

お砂糖の知られざるチカラ

生けるときに、お砂糖を入れるだけ。

お砂糖は食べるだけではなく、日常の意外な場面でも役に立ちます。

お花を生けるときに、お水1リットルに対してお砂糖を10グラム程度入れてあげると、お砂糖がお花の栄養になり、キレイに長持ちしてくれます!

どうして?お砂糖で切り花が長持ちする理由

切り花には根がなく、光合成*も室内の光(明るさ)では充分に行えません。そこでお砂糖の出番。糖はエネルギー源になり、細胞の状態を正常に保つ役割を果たします。そのため、切り花にブドウ糖やショ糖(砂糖)などを与えると延命(老化の抑制)効果が期待できます。*植物が太陽エネルギーにより、葉の表面で水と二酸化炭素から糖質などをつくること。