才木玲佳のおさトーーク!第2回

才木玲佳さんが、いま注目のパティシエたちと対談を繰り広げるスペシャル企画「おさトーーク!」。パティシエを目指したきっかけや、「カラダ・アタマ・ココロにシュガーチャージした経験=シュガーチャージ体験」などにじっくりと迫ります。才木さんが、お店の名物スイーツもいただいちゃいますよ!※撮影のためマスクを外しています

才木玲佳のおさトーーク!第2回
※撮影のためマスクを外しています
才木
はじめまして!
シュガーチャージアンバサダーで、スポーツタレントの才木玲佳です。
須永
パティスリー コリウールの須永真理子です。本日はよろしくお願いします。
才木
早速ですが・・・
持ってきていただいたロールケーキが気になって仕方がないです(笑)。
須永
お店の名物「たまがわロール」です。
ふわふわの食感が特長のシンプルなロールケーキで、
週に何度も買いにきてくださる方もいるほどの人気商品です。
私も毎日のように食べていますが、全然食べ飽きないんですよ。
おさトーーク 第2回 1
パティスリー コリウールの名物「たまがわロール」。開店当初からの人気商品です!
才木
毎日シュガーチャージですね!
須永
そうですね。幸せな仕事だと思います。
才木
パティシエになりたいという夢は、いつ頃から?
須永
小学校の卒業文集に、「夢はケーキ屋さん」と書いていました。
才木
小さい頃の夢を持ち続けて、しかも実現しているってすごいことですよね!
須永
いえいえ。実は和食の道に進もうと思ったこともありまして。
才木
それはまたどうしてですか?
須永
お菓子づくりを学びたいと思って、食物調理科がある高校に進学したんですが、
入ってみたらお菓子のことはほとんど教わらなくて(笑)。
才木
ははは。そうだったんですね。
須永
それで、和食を選んで職場体験に行ってみたんですが、
厳しくて厳しくて・・・私には絶対に無理だなと。
才木
それで、やはりお菓子の道へ?
須永
はい。高校を卒業してから製菓学校で2年間学びました。
まあ、お菓子の職場も同じように厳しいものだったんですけどね(笑)。
才木
製菓学校修了後は、すぐに今のお店に勤められたんですか?
須永
いえ。まずは別のお店で8年ほど修行しました。
接客からスタートして、1年ごとにさまざまなポジションをローテーションしながら、
ひと通りの業務を学びましたね。その後、1年間フランスへ留学しました。
おさトーーク 第2回 2
写真左側は、下丸子を走る「たまちゃんバス」のキャラクターをあしらった特製クッキー「丸子ポーロ」。オーナーである森下シェフの生まれ故郷、瀬戸内の素材を使ったお菓子(中央・右側)も人気。
才木
やっぱり、フランスはパティシエにとって憧れの地なんでしょうか?
須永
そうですね。製菓学校を出てすぐに行く人もいますが、
私はある程度ケーキづくりの経験を積んでから行こうと思って。
そうすれば、言葉はわからなくても意思疎通はできるだろうと。
才木
なるほど。
須永
言葉や文化の壁で苦労はしましたが、結果的にいい経験ができたと思います。
帰国後、製菓学校時代の恩師でもある森下令治シェフに誘われて、
今のお店で働き始めました。
才木
そうなんですね!きっと、学生時代から目をかけていただいていたんですね。
須永
どうなんでしょう?
学生の頃はちょっぴり近寄りがたい印象の先生で、遠くから拝見していました(笑)。
才木
須永さんは「2021ジャパン・ケーキショー東京」で
見事グランプリを受賞されたそうですね。
おめでとうございます!森下シェフもお喜びだったでしょうね。
須永
はい。森下シェフからのたくさんのアドバイスや、
お店のみなさんのサポートのおかげで、自分でも満足のいく作品ができました。
才木
この作品、子どもたちの表情が生き生きしていて、とてもお菓子とは思えないです!
おさトーーク 第2回 3
「2021ジャパン・ケーキショー東京」でグランプリを受賞した作品がこちら!これが全部、実際に食べられるというから驚きです!
須永
ありがとうございます。
実は出品したのは6回目で、最後のチャレンジと決めていました。
試行錯誤しながら、3台ほど同じものをつくって・・・
完成するまでには1年くらいかかりましたね。
ちなみにこれ、「マジパン」といってちゃんと食べられるんですよ。
才木
もったいなくて食べられません!
それにしても、そのお菓子づくりにかける情熱はどこからくるんですか?
須永
昔も今も変わらず、一番好きなものがお菓子ですから。
食べるのが好きで始めて、
今では、私がつくったお菓子を食べていただけるお客さまがいて、
お客さまの笑顔も見ることができて。本当に幸せです。
才木
素晴らしいですね・・・。
私も、須永さんがつくった「たまがわロール」、いただいてもいいですか?
須永
どうぞどうぞ!
才木
あっ、すご~い!ちょっとフォークを入れただけで、ふわふわなのがわかりますね。
私、一口が大きくて恥ずかしいんですが(笑)・・・いただきます!
須永
どうですか?
才木
うん!思った以上にふわふわで、しかもしっとりしていておいしいです!
どんどん食べられちゃう。私これ、丸々1本余裕でいけちゃいます。
おさトーーク 第2回 4
見た目以上にふわふわな「たまがわロール」の食感に、才木さんもビックリ!
須永
ロールのままかじって召し上がる方もいらっしゃいますよ。
才木
その気持ちわかります!卵の甘みが感じられて、生クリームもやさしい味で・・・
シンプルなだけに、プロの技を感じますね。
須永
そう言っていただけると嬉しいです。
この味と食感を出すために、生地の混ぜ具合や焼き加減には特に気をつけています。
才木
おいしい。幸せ~。ちなみに、須永さんはどんなときにシュガーチャージするんですか?
須永
実家で、夕食後にデザートを食べる習慣がありました。
だから今でも、1日の締めとして必ず甘いものを食べますね。
いやなことがあった日は甘いものでリセットされますし、
嬉しいことがあった日はもっと嬉しくなります。
特に仕事を始めたばかりの頃は、毎日怒られてばかりで・・・
甘いものに救われていましたね。
才木
甘いものはココロのエネルギー源ですよね!
では最後に、今後の目標について教えてください。
須永
もっと腕を磨いて、
「ジャパン・ケーキショー」以外のコンクールにも挑戦してみたいと思っています。
将来的には、自分のお店を開くという夢もあります!
おさトーーク 第2回 5
「将来的には、自分のお店を開くのが夢」という須永さん。開店の日を楽しみにしています!
才木
そのときはぜひ行かせていただきます!
須永
お待ちしています!
須永 徹さん
パティスリー コリウール スーシェフ
須永 真理子さん

8年間の洋菓子店勤務を経て、フランスへ留学。帰国後、製菓学校時代の恩師でもある森下令治シェフの「パティスリー コリウール」へ。現在はスーシェフ(副料理長)を務める。日本最大規模の洋菓子作品コンテスト「2021ジャパン・ケーキショー東京」では、マジパン仕上げデコレーションケーキ部門の作品で、グランプリ・連合会会長賞・横山謝恩特別奨学賞・東京都知事賞を受賞。

パティスリー コリウール

パティスリー コリウール