07

ストレス解消にも
効果あり!?

お砂糖とココロ

ストレスを解消する「セロトニン」。

CHAPTER 1

お砂糖を摂取すると、心が落ち着きリラックスする。これは、お砂糖の摂取により脳内に「セロトニン」という神経伝達物質が合成されるためと言われています。

タンパク質とお砂糖で、
心落ち着く「セロトニン」が分泌。

CHAPTER 2

セロトニンには、精神を安定させて心をリラックスさせる効果があります。
セロトニンは、脳の中でトリプトファンというアミノ酸から合成されており、トリプトファンを脳内に優先的に運ぶには、ブドウ糖の摂取により分泌されるインスリンの働きが必要です。

そのため、食事でタンパク質豊富な食品(肉や魚、卵、牛乳など)を摂った後に、砂糖を使った甘いデザートを食べることで、トリプトファンとブドウ糖が同時に摂取でき、セロトニンが効率よく合成されてストレス解消に繋がります。

セロトニンの不足が、
うつ病の原因に・・・?

CHAPTER 3

脳内でセロトニンが不足すると、不安を感じてリラックスすることができなくなってしまい、うつ病の原因になるとも言われています。

食生活の中に上手に砂糖を取り入れて、セロトニンを脳に行き渡らせることが、心の健康を保つために大切なことなのです。