才木玲佳のおさトーーク!第1回

才木玲佳さんが、いま注目のパティシエたちと対談を繰り広げるスペシャル企画「おさトーーク!」。パティシエを目指したきっかけや、「カラダ・アタマ・ココロにシュガーチャージした経験=シュガーチャージ体験」などにじっくりと迫ります。才木さんが、お店の名物スイーツもいただいちゃいますよ! ※撮影のためマスクを外しています

才木玲佳のおさトーーク!第1回
※撮影のためマスクを外しています
才木
はじめまして。
シュガーチャージアンバサダーで、スポーツタレントの才木玲佳です。
島田
パティシエ・シマの島田徹です。今日はよろしくお願いします。
才木
この白いガーゼに包まれた、おいしそうなスイーツはなんですか・・・?
島田
うちの店のスペシャリテ「クレーム アンジュ」です。
フランス産のフロマージュブランというフレッシュチーズを使っていて、
なかにはフランボワーズのソースが染み込んだスポンジが入っています。
おさトーーク 第1回 1
パティシエ・シマのスペシャリテ「クレーム アンジュ」。ふわっとした食感に、フレッシュチーズや生クリームの風味、フランボワーズソースのほどよい酸味が絡み合い・・・絶品です。
才木
絶対においしいやつですね!!
島田
オーナーパティシエである父が考案したんです。
才木
お父さまもパティシエなんですね。
島田
そうなんです。
しかも母はヴァンドゥーズ(お菓子を販売する専門職)だったので、
子どもの頃から家にケーキがあるのが当たり前でした。
才木
毎日シュガーチャージですね!
島田
食前にケーキ、食事をして、食後にまたケーキ、みたいな生活でしたね(笑)。
才木
うらやましい・・・。
そんなご家庭でしたら、当然のようにパティシエの道に?
島田
いえ、パティシエを志したのは、大学に通っていた20歳くらいのときです。
父がパティシエ・シマを開業するための準備期間中の話なんですが、
そのときに、いつも家にあった父のケーキが一時的になくなってしまったんですね。
「自分で作れないと、いつか好きなケーキが食べられなくなってしまうかも!」
と思ったのがきっかけでした。
才木
島田さんのご家庭ならではのお話ですね。
島田
はい。要するに、自分がケーキを食べたかったんです(笑)。
才木
そして、大学を卒業されてからパティシエの道に?
島田
はい。父が長く勤めていた「A.ルコント」というお店で
キャリアをスタートしました。
才木
フランスでも働かれていたんですよね?
島田
4年半「A.ルコント」でお菓子作りの基本を学んだあと、
フランスへ渡りました。
「ピエール・エルメ」や「ル・ブリストル」などで働きながら、
トータルで5年ほど。楽しいフランス生活でしたね。
おさトーーク 第1回 2
こちらもパティシエ・シマの人気商品「モンブラン」。「軽さを追求した」という一品で、フランス産マロンペーストを使用しています。
才木
食事もおいしそうだし、
おいしいスイーツもたくさんあるんでしょうね・・・。
島田
そうですね。
ただ、お菓子の種類は日本の方が多いですよ。
日本のフランス菓子業界はすごく成熟していて、
味のクオリティも極めて高いと思います。
お砂糖の種類も多いですし。
才木
へぇ~、意外です。
島田
日本ではグラニュ糖ひとつとっても、
粒子の大きさによっていろんな種類があったりします。
小麦粉や、生クリーム・バターなどの乳製品も同じで、
とにかくバリエーションが豊富です。
才木
勉強になります!
島田
うちの店のスペシャリテ「クレーム アンジュ」に話を戻すと、
このお菓子には日本のメーカーが作った、
粒子の細かいグラニュ糖を使っています。
メレンゲを立てるときに溶けやすくて、
しかもさっぱりしたテイストなのでぴったりなんです。
ちなみに才木さんはどんなお菓子がお好きですか?
才木
チーズケーキが大好きです!
ベイクドチーズケーキも、レアチーズケーキも全部好き。
でもこのタイプは初めてです。
島田
じゃあ、召し上がってみてください。
才木
いいんですか!?それでは、お言葉に甘えて・・・。
島田
スプーンで、中心の方をすくってみてください。
おさトーーク 第1回 3
メレンゲとチーズでできた生地は、ふわふわでさっぱりとした味わい。日本のメーカーが作った、粒子の細かいグラニュ糖を使用しています。
才木
すごい!ふわふわだ!!あ、フランボワーズが見えた!!
島田
(笑)
才木
いただきます!!
島田
・・・いかがでしょう?
才木
おいしい!!
今まで食べたチーズケーキと全然違う!!
すごいフレッシュな感じです。
島田
まるでヨーグルトみたいでしょう。
フロマージュブランは、フランスでは離乳食に使われたり、
そのままお好みのジャムや果物と一緒に食べられたりしています。
日本ではあまり馴染みがないチーズかもしれませんが、
父がこのお菓子を作ったことで知っている方も増えましたね。
おさトーーク 第1回 4
チーズケーキが大好物という才木さん。至福のシュガーチャージタイムです!
才木
チーズの香りと、ソースの甘酸っぱさが絶妙です。
口に入れるとふわっと溶けて・・・あっという間になくなっちゃった。
島田
うちの店はオフィス街にあるので、会社のみんなで食べるからと、
ケーキを20~30個まとめて買いに来る方もいらっしゃいます。
ケーキを食べてお仕事をがんばっていただけたり、
気持ちをリフレッシュしていただけたりしたら嬉しいですね。
才木
私も「クレーム アンジュ」を食べて、幸せな気持ちになりました。
島田
フランスには、昔から
「アール・ド・ヴィーブル」という言葉があります。
「アール」はアート、つまり芸術の意味。
「ヴィーブル」は、生きるとか生活するといった意味です。
簡単に訳すと「生活芸術」といった言葉になるのですが、
生活のなかに美しいものを取り入れようという考え方です。
おさトーーク 第1回 5
「ケーキがあれば笑顔になれる」という島田さん。お二人のおさトーーク!も、終始笑顔で和やかに進みました。
才木
はじめて聞きました。
島田
フランスでカフェに入ると、
職人さんが手作りした籐椅子が置かれていたり、
美しいお皿やカップが使われていたりします。
それだけでも豊かな気持ちになりますよね?
ケーキも同じで、生きるために必要不可欠なものではないし、
クリスマスパーティだって、フライドチキンがあれば
成り立つのかもしれません。
でも、やっぱりケーキがあると盛り上がるし、
幸せな気持ちになるし、そこに笑顔が生まれます。
才木
気がついたらニコニコになっちゃいますよね。
島田
僕は、従業員にもよく「忙しくても、笑顔でいることが大事だよ」
と言っています。やっぱり、楽しい時間のお供として
選んでもらっているわけですから。作る方も笑顔でいたいですよね。
才木
これからもおいしいスイーツを作り続けて、
私たちに笑顔をください!!
島田
ありがとうございます。
お客さまの大切な時間に寄り添うアイテムとして
選んでいただけるよう、これからもがんばっていきます。
才木
本日は貴重なお話、本当にありがとうございました!!
島田 徹さん
パティシエ・シマ オーナーシェフ
島田 徹さん

1976年東京都出身。大学で経営情報学を学んだ後、2000年「A.ルコント」に入社。2004年に渡仏後、世界的なパティスリー「ピエール・エルメ」での部門責任者や、フランスを代表するホテル「ル・ブリストル」でのバンケット・レストランデセールなどを担当。帰国後の2009年「パティシエ・シマ」オーナーシェフ就任。伝統を大切にしつつ、表現方法とおいしさの調和を考えながら、新たな価値の創造を追求し続けている。

パティシエ・シマ

  • 住所:東京都千代田区麹町3-12-4 麹町KYビル1F
  • 営業時間:平日11:00~19:00、土曜11:00~17:00
  • 定休日:日曜・祝日
  • HP:http://www.patissiershima.co.jp/
パティシエ・シマ